前へ
次へ

妻が派遣社員で働いていました

世の中には、いずれは社員になりたいと思っているものの、家庭の状況により、派遣社員という道を選んでいる人も多くいるものです。
もちろん、社員として、その会社に縛られた生活をすることは嫌だ、という考えのもと、そういった状況をチョイスしている人もいますが、今の日本では、いずれは社員になることを希望している人が少なくないのが現状と言えます。
私の妻もそういった理由で派遣社員として、仕事を続けていました。
その理由としては、子供が小学生低学年ということで、残業を免除される立場で働いていたかった、ということが挙げられます。
晩御飯をしっかりと準備できる環境で、学校行事にも参加できるような環境は、社員ではなかなか確保することは難しく、子供に負担をかけないようにすることを考えた場合、最善の策と考えたからでした。

肩コリや腰痛にお悩みの方はぜひ一度お越しください
トレーナーのストレッチが体の歪みを軽減させ、腰痛や肩コリを改善いたします。

転職サイトの看護師求人でもらえる祝い金について知りたい方はこちら

実際、会社が多忙な状況であっても、時間が来れば帰ることができ、家庭に支障をきたすことなく、ある程度の給料を得ることができたことを考えると、この選択肢は正解であったと思えます。
そして、何よりも良かったことは、そろそろ子どもも大きくなってきたために、社員として採用してくれるところを探そう、という話になった時、真っ先に働いている会社からのオファーがあったことです。
すでに、周りからはそういった働きぶりかということを知ってもらっており、そのうえで、採用してくれるということで、安心して働ける環境が準備されていたのです。
また、力量を考慮して、身の丈に合った仕事をしていけるということで、大きなギャップを感じることなく、社員採用してもらえることになったのです。
一般に3か月は使用期間、といった措置がされますが、これまでの実績を踏まえて、提携通りの措置としての使用期間であり、採用が前提となっていることも気持ちを楽にさせてくれました。
そういった意味でも、派遣から社員という道筋は、とても有効な手段であると感じています。

Page Top